「登米産牛 サイコロステーキ」元気はジューシー和牛肉から!
ランメシ!#009


「登米産牛 サイコロステーキ」

生産者:株式会社佐利(宮城県登米市)

元気はジューシー和牛肉から!

「登米産牛 サイコロステーキ」_1
「登米産牛 サイコロステーキ」_2

商品紹介

登米は全国でも有数の和牛の産地。仙台牛など最高級の黒毛和牛を生み出していることで知られています。ジューシーな脂と圧倒的な旨味で元気100倍に!

ランメシ!栄養ポイント

ランナーに必要な「持久力」の維持・向上には、効果的にエネルギーを生み出すことが大切です。そのためには、エネルギーの貯蔵庫となる「筋肉」を適切に保つことがポイント。というのも、エネルギー源であるグリコーゲンは糖質から作られ、通常「肝臓」に備蓄されているものから使用されるのですが、肝臓のグリコーゲンが足りなると筋肉の備蓄から供給されるのです(お財布にお金がなくなったら、銀行口座からおろすのに似ています)。

となると、マラソンにはマッチョ体型の方が良いのか?という疑問が出てきそうですがマッチョタイプの筋肉は、瞬発力を発揮するための速筋という筋肉が中心で、ランナーには不向きといえます。ランナーに必要なのは、遅筋といわれる、持久性に必要な筋肉。これは、低い負荷を長時間かけることによりつけることが可能です。つまり、日々のマラソントレーニングが近道ということになります。

牛肉には、筋肉の材料となる良質なタンパク質が含まれることから、ランナーのメンテナンス食として好ましい1品といえます。また、牛肉の赤身には吸収されやすい鉄が豊富に含まれているため、ランナーが陥りやすい貧血の対策に一役買ってくれます。

LIST

#001 「初恋さくら」
#002 「ほんのりピーチ」
#003 「AKAMOKU」
#004 「山ぶどうゼリー」
#005 「希望ののむヨーグルト」
#006 「金のさんま」
#007 「おかず味噌」
#008 「特製 笹かまぼこ」
#009 「登米産牛 サイコロステーキ」
#010 「ふかひれ濃縮スープ」
#011 「エンゼルロール」
#012 「最上の早生そば」
#013 「伊豆沼産ブルーベリーチーズケーキ」
#014 「わかめ餃子」
#015 「くりはら一口もち」
#016 「ビーツのベルベットケーキ」
#017 「えごまチョコレート」
#018 「はっと汁」
#019 「あらびきウインナー」
#020 「いぶりがっこ」

東北グルメ勢揃いのエイドステーションと
同時開催「東北日本酒フェスティバル」で大好評!

2017.3.18 Sat. - 2017.3.20 Mon.

メイン会場
宮城県登米市長沼ボート場
(長沼フートピア公園)

ランメシ!東北風土(Tohoku FOOD)は、
復興庁「新しい東北情報発信事業」の採択事業です。

復興庁「新しい東北」情報発信事業とは

復興庁では、被災三県を含む東北地方の各地域において、各々の課題を解決し、自律的で持続的な地域社会を目指す取組を「新しい東北」と呼んでいます。これら、東北を牽引する先導的な取組を行っている民間等と共同(コラボ)して、「新しい東北」の魅力や、風化の防止や風評の被害の払拭に向け、民間等のネットワークを活用し、被災地や復興に関心が高い人だけでなく、広く全国に発信することにより広範かつ継続的な復興の輪の拡大を図ることを目的とした事業です。 平成28年度は酒・食・技・町・旅・人をテーマに6社の事業が選出されました。

お問い合わせ

ランメシ!東北風土(Tohoku FOOD)に関する
お問い合わせは、
社団法人 東北風土マラソン&フェスバルまで。

info@tohokumarathon.com