あかもく「AKAMOKU」ネバネバ好きにはたまらない話題の海藻
ランメシ!#003

あかもく
「AKAMOKU」

フィッシャーマンジャパン/
シーフーズあかま(宮城県塩竈市)

ネバネバ好きにはたまらない話題の海藻

あかもく「AKAMOKU」_1

商品紹介

「あかもく」はわかめや昆布などと同様、褐藻類(ヒバマタ目ホンダワラ科)に属する海藻です。
もずくに似た、ネバネバ、シャキシャキの食感で、栄養豊富な、今話題の食品です。
ミネラルや食物繊維、ポリフェノール等を豊富に含む点から、健康食品として近年、急激に注目されるようになりました。高血圧抑制と血糖上昇予防、抗腫瘍作用、コレステロール低下に効果のあるフコイダンや、骨粗しょう症予防に役立つビタミンKが豊富に含まれていることが分かり、熱い注目を浴びるように。
松島湾のような栄養塩に富む浅海が生育に適していて、生命力がとても強く、長くなると7mぐらいにまで成長します。ご飯と一緒に食べたり、うどんや蕎麦に添えたり・・・東北各地では古くから食用として愛されてきた食品です。

ランメシ!栄養ポイント

ランナーにとって、パフォーマンスを維持する要素の1つに紫外線の対策があります。紫外線は、皮膚でビタミンDを合成させるというポジティブな面も持っていますが、数時間に及び直射日光に浴びることで、活性酸素が発生し疲れを感じやすくなる等のデメリットが生じます。

アカモクには、紫外線による炎症を緩和することに加え、美白作用、皮膚抗老化作用が認められている他、女性アスリートに垣間見られる骨密度の低下(将来の骨粗鬆症予備群)を予防するビタミンKが含まれています。運動時(特に野外での)に積極的に撮りたい補給食といえます。

また、エネルギーの生成に不可欠なマグネシウムや、パフォーマンス維持のため常に強化しておきたい鉄、亜鉛が、もずくと比較して2倍以上含まれていること、また食べやすさという視点では、他のメジャーな海藻と異なり、ゼリー飲料に似た食感で補給できる点も、ランナーの補給食において魅力の1つといえます。

LIST

#001 「初恋さくら」
#002 「ほんのりピーチ」
#003 「AKAMOKU」
#004 「山ぶどうゼリー」
#005 「希望ののむヨーグルト」
#006 「金のさんま」
#007 「おかず味噌」
#008 「特製 笹かまぼこ」
#009 「登米産牛 サイコロステーキ」
#010 「ふかひれ濃縮スープ」
#011 「エンゼルロール」
#012 「最上の早生そば」
#013 「伊豆沼産ブルーベリーチーズケーキ」
#014 「わかめ餃子」
#015 「くりはら一口もち」
#016 「ビーツのベルベットケーキ」
#017 「えごまチョコレート」
#018 「はっと汁」
#019 「あらびきウインナー」
#020 「いぶりがっこ」

東北グルメ勢揃いのエイドステーションと
同時開催「東北日本酒フェスティバル」で大好評!

2017.3.18 Sat. - 2017.3.20 Mon.

メイン会場
宮城県登米市長沼ボート場
(長沼フートピア公園)

ランメシ!東北風土(Tohoku FOOD)は、
復興庁「新しい東北情報発信事業」の採択事業です。

復興庁「新しい東北」情報発信事業とは

復興庁では、被災三県を含む東北地方の各地域において、各々の課題を解決し、自律的で持続的な地域社会を目指す取組を「新しい東北」と呼んでいます。これら、東北を牽引する先導的な取組を行っている民間等と共同(コラボ)して、「新しい東北」の魅力や、風化の防止や風評の被害の払拭に向け、民間等のネットワークを活用し、被災地や復興に関心が高い人だけでなく、広く全国に発信することにより広範かつ継続的な復興の輪の拡大を図ることを目的とした事業です。 平成28年度は酒・食・技・町・旅・人をテーマに6社の事業が選出されました。

お問い合わせ

ランメシ!東北風土(Tohoku FOOD)に関する
お問い合わせは、
社団法人 東北風土マラソン&フェスバルまで。

info@tohokumarathon.com